入会のご案内
 
 以下はAyaインターネットサービスにご契約される場合の利用規約です。必ずお読みいただいた上、同意していただく必要があります。

Ayaインターネットサービス利用規約

本規約はAyaインターネットサービス(以下「Aya」)とAyaインターネットサービス会員(以下「会員」)との間のAyaインターネットサービスが提供するサービスの利用に関する一切に適用します。

第1章 総則

第1条(規約の適用)
Ayaは、電気通信事業法(昭和59年法律第86号。以下「事業法」といいます。)第31条第5項の規定に基づきこのAyaインターネットサービス利用規約(以下「この規約」といいます。)を定め、これによりサービスを提供します。
Ayaが別途定める諸規定は、それぞれこの規約を構成するものとします。

第2条(規程の変更)
Ayaは会員の了承を得ることなくこの規約を変更することがあります。この場合には会員はこれを承諾します。この変更はAyaのホームページにて随時会員に発表します。


第2章 契約

第3条(契約の対象者)
会員とAyaとの間の契約は個人契約と法人契約があります。
 法人契約の対象は、法人登録をしている団体の代表者または個人事業者に限ります。

第4条(契約申込の方法)
会員契約の申込をする場合は、Aya所定の申込書をAyaに提出していただく方法と、次条に定めるオンラインサインアップによる方法のいずれかを選択できます。

第5条(オンラインサインアップによる契約申込の方法)
オンラインサインアップによる会員契約の申込は、18歳以上の方に限りAyaが定める「オンラインサインアップ」手続きにしたがい行うことができます。

第6条(契約申込の承諾)
会員契約は前2条に定めるいずれかの方法による申込に対し、Ayaが承諾したときに成立します。
 Ayaは会員契約が成立したときは、ユーザIDおよびパスワードを記載したAya所定の書面を速やかに会員に送付します。
 Ayaは次の場合は会員契約の申込を承諾しないことがあります。また、Ayaは会員契約成立後であっても
次の各号の一に該当することが判明した場合には、直ちに会員契約を解除することができるものとします。
(1)会員契約の申込時に虚偽の事項を通知したことが判明した場合
(2)会員契約の申込をした方が、Ayaの利用料金等の支払いを現に怠り、または怠るおそれがあるとAyaが判断した場合
(3)過去に不正使用などにより会員契約の解除またはAyaのサービスの利用を停止されていることが判明した場合
(4)会員契約の申込をした方が18歳未満の方で、申込にあたり保護者の同意を得ていない場合
(5)その他Ayaが会員とすることを不適と判断した場合

第7条(契約の期間)
会員とAyaとの契約の期間はAyaが契約の申込みを承諾した日から、第11条(会員が行う契約の解除)または第12条(Ayaが行う契約の解除)による契約の解除あるいは契約の終了があるまでとします。

第8条(変更の届出)
会員は、その氏名、住所等申込書の記載項目または、オンラインサインアップ手続きにしたがい入力すべき項目について変更があった場合は、速やかにその旨をAyaに書面または電子メールにて届出るものとします。

第9条(個人の契約者の地位の承継)
契約者である個人が死亡した場合には、当該個人に係るAyaとの契約は終了します。

第10条(法人の契約者の地位の承継)
契約者である法人が合併その他の理由により、その地位の承継があったときは、合併後存続する法人もしくは合併により設立された法人等は、承継したことを証明する書類を添えて、承継の日から30日以内にその旨を当社に通知してください。
 第6条(契約申込の承諾)第3項の規定は、前項の場合について準用します。
 前項の場合において、地位を承継した者が2名以上あるときは、そのうちの1名を当社に対する代表者と定め、あわせて書面によりその旨を当社に通知してください。これを変更したときも同様とします。
 当社は、前項の規定による通知があるまでの間、その地位を承継した者のうち1名を代表者とみなします。

第11条(会員が行う契約の解除)
会員は、会員契約を解除しようとするときは、Aya所定の方法によりその旨をAyaに通知していただきます。この場合、毎月末日までに通知のあったものについて翌々月の末日に会員契約の解除があったものとします。
 前項の場合においても、その利用中に係る会員の一切の債務は、会員契約の解除があった後においてもその債務が履行されるまで消滅しません。

第12条(Ayaが行う契約の解除)
Ayaは、第13条(利用停止)の規程よりサービスの利用停止をされた会員が、その事実を解消しない場合は、その会員契約を解除することがあります。ただし、その事実がAyaの業務の遂行に支障をおよぼすとAyaが判断したときは、サービスの利用を停止しないで、その会員契約を解除することがあります。
 前項の規定により会員契約が解除された場合、会員はその利用中に係る一切の債務につき当然に期限の利益を喪失し、残存債務の全額をただちに支払うものとします。
 Ayaは、第1項の規程により会員契約を解除しようとするときには、あらかじめその旨を会員に通知します。ただし、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。


第3章 利用中止および利用停止

第13条(利用中止)
Ayaは次の場合には、サービスの利用を中止することがあります。
(1)Ayaのサービス用設備の保守上または工事上やむを得ない場合
(2)第一種電気通信事業者が電気通信サービスを中止した場合
 Ayaは、前項の規定によりサービスの利用を中止するときは、あらかじめその旨を会員に通知します。ただし、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。

第14条(利用停止)
Ayaは、会員が次のいずれかに該当する場合は、会員に何ら事前の通告することなく、サービスの利用を停止、または会員資格の取り消しをすることがあります。
(1)会員契約の申込時に虚偽の事項を通知したことが判明した場合
(2)支払日を経過してもなお料金等を支払わない場合
(3)第26条(利用範囲の制限)の規程に違反した場合(なお、第20条(会員の義務)第2項または第4項により、ファイルを削除された場合も含むものとします。)
(4)その他この規約に違反した場合
(5)その他Ayaが不適当と判断する行為を行った場合


第4章 料金等

第15条(料金等)
Ayaの利用料金、支払方法は別途定める内容に従うものとします。会員は利用料金等に関わる消費税、その他賦課される税、手数料、その他一切を負担するものとします。また、Ayaは利用料金等の設定を変更する場合があります。

第16条(料金等の支払い)
Ayaの利用料金に関して、会員はAyaが各会員ごとに定めた方法で支払うものとします。ただし、金融機関等で、支払条件等の設定がなされている場合は、それらに従うものとします。また、会員と金融機関等の間で紛争が生じた場合、当該双方で解決するものとし、Ayaには一切の責任はないものとします。

第17条(口座振替の通知)
会費を年会費払いとしている会員にはAyaより、次年度の年会費の口座振替日の1ヶ月前までに、原則として電子メールにて通知をします。


第5章 損害賠償

第18条(損害賠償)
Ayaはサービスの利用により発生した会員の損害全てに対し、いかなる責任も負わないものとし、一切の損害賠償の責任はないものとします。
 Ayaは会員がAyaのサービスを利用することにより得た情報等(コンピュータプログラムを含みます。)について、何らの保証責任も負わないものとします。また、これらの情報等に起因して生じた一切の損害等に対しても、何らの責任を負わないものとします。
 Ayaは理由の如何に関わらず、会員がAyaのサービス用設備のファイルに書き込んだ情報が削除されたことに起因して当該会員に損害が生じたとしても、一切責任を負わないものとします。
 会員はAyaのサービス利用に関連し、他の会員または第三者に対して損害を与えたものとして当該会員または第三者から何らの請求がなされ、または、訴訟が提起された場合、当該会員は自らの責任と費用において当該請求または訴訟を解決するものとし、Ayaを一切免責するものとします。

第19条(専属的合意管轄裁判所)
会員とAyaとの間で訴訟の必要が生じた場合、Aya所在地を管轄する裁判所を、会員とAyaの専属的合意管轄裁判所とします。


第6章 利用上の注意

第20条(会員の義務)会員は、Ayaのサービスを利用するにあたり次の行為を行わないものとします。
(1)Ayaより付与されたIDおよびパスワードを第三者に利用させたり、譲渡、売買、および名義変更を行う行為。
(2)Ayaのサービスにより利用しうる情報を改ざんする行為
(3)有害なコンピュータプログラム等を送信または書き込む行為
(4)他の会員のユーザIDおよびパスワードを不正に使用する行為
(5)他の会員あるいは第三者の著作権その他の知的財産権を侵害するまたは侵害するおそれのある行為
(6)他の会員あるいは第三者の財産、プライバシーを侵害するまたは侵害するおそれのある行為
(7)選挙の事前運動またはこれに類似する行為
(8)事実に反する情報、意味のない情報を書き込む行為
(9)公序良俗に反する内容の情報、文章および図形等を他人に公開する行為
(10)その他、Ayaのサービスの運営を妨げるような行為
(11)その他、法令に違反するもの、または違反するおそれのある行為
 Ayaは、前項各号に掲げる内容のファイルその他Ayaがサービスの運営上不適当と判断したファイルを削除することがあります。
 Ayaはサービスの各コンテンツにはこの規約に定めるほか参加規則を設ける場合があります。会員が、該当コンテンツに参加する際にはこの参加規則に従うものとします。
 Ayaのサービスの各コンテンツの主宰者は、自己の運営するコンテンツにおいてそのテーマに則さない内容のファイルその他運営上不適当と判断したファイルを削除することがあります。また、Ayaのサービスの各コンテンツの主宰者は、前項の参加規則に従わない会員の参加を制限することがあります。

第21条(IDおよびパスワードの管理責任)
会員はAyaより付与されたIDおよびパスワードの管理、利用について責任を持つものとし、Ayaおよび他の会員に対して損害を与えないものとします。

第22条(ダイヤルアップ型IP接続サービスの利用機器)
会員はAyaのサービスを利用するのに必要な機器(モデム等)、ソフトウェアその他すべてを自己の負担において用意するものとします。またその際必要な手続きは会員が自己の責任と費用で行うものとします。

第23条(ファイル情報の消去)
Ayaは、サービス用設備のファイル容量に余裕がなくなるおそれがあるときは、そのファイルに蓄積されている会員の情報を消去することがあります。

第24条(情報の管理)
会員は、Ayaのサービスを使用して受信し、または送信する情報については、サービス用設備の故障による消失を防止するための措置をとるものとします。
サービス用設備の故障により会員の情報が消失したため発生した損害について、Ayaは一切その責を負わないものとします。

第25条(通信利用の制限)
Ayaは、事業法第8条に基づき、天災、事変その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがあるある場合の災害の予防もしくは救援、交通、通信もしくは電力の供給の確保または秩序の維持のために必要な事項を内容とする通信および公共の利益のため緊急を要する事項を内容とする通信を優先的に取り扱うため、通信の利用を中止する措置をとることがあります。

第26条(利用範囲の制限)
会員は、Ayaのサービスを利用することにより得られる一切の情報を、Ayaの事前の承諾なしに会員自らの利用以外の目的で複製し、その他これを出版し、放送するなどその方法のいかんを問わず第三者による利用に供しないものとします。

第27条(他ネット接続)
Ayaのサービスの取り扱いに関しては、外国の法令、国内外の電気通信事業者等が定める契約約款等により制限されることがあります。
 会員が国内外の他のネットワークを経由して通信を行う場合、会員は、経由するすべての国の法令等、通信事業者の約款等およびすべてのネットワークの規則に従うものとします。特に研究ネットワークは、営利目的として使用しないものとします。


第7章 雑則

第28条(著作権)
別段定めのない限り、各コンテンツに関する著作権その他知的財産権は、AyaあるいはAyaおよび各コンテンツの主宰者に帰属するものとし、また、各コンテンツの集合体としてのAyaのサービスの著作権その他知的財産権はAyaに帰属するものとします。

第29条(秘密保持)
Ayaは、サービスの提供に関連して知り得た会員の秘密情報を第三者に漏洩しないものとします。

平成8年2月19日 郵政省届出

以上に同意します

Copyright 2001 (C) Aya internet service.