2017年度 企画展

本橋成一写真展「ふたりの画家」

2017年4月22日(土)~7月17日(月/祝)

1980年代なかばに丸木美術館へ通い、二人の画家の共同制作の現場や暮らしの風景を撮り続けた本橋成一の写真展。

ジミー・ツトム・ミリキタニ展

2017年7月22日(土)~9月2日(土)

映画『ミリキタニの猫』で知られる在米日本人の路上画家の展示。9.11を経験したミリキタニは、かつての日系人収容所時代を思い出し、原爆の絵を描く。

丸木スマ展 おばあちゃん画家の夢

2017年9月9日(土)~11月18日(土)

一宮市三岸節子記念美術館との共催企画。70歳を過ぎて絵を描きはじめた丸木スマの天真爛漫な自然讃歌の絵画展。新たに発見された絵画も紹介。

今日の反核反戦展2017

2017年11月23日(土)~2018年1月13日(土)

実行委員形式で開催される自由参加の「反核反戦展」。今日の問題意識が多数の表現者によって浮かび上がる。

石川真生展「大琉球写真絵巻」

2018年2月10日(土)~3月4日(日)

沖縄の抵抗の歴史を再現し、絵巻として撮り続ける写真家・石川真生の写真展。

横湯久美展

2018年3月10日(土)~4月21日(土)

祖母の生と死を静謐な写真と言葉で表現する現代美術展。




これまでの企画展

1999~昨年までの企画展の案内はこちらのページをご覧ください。


2018.2.10-3.4 石川真生 大琉球写真絵巻

 米軍統治下の沖縄に生まれ育ち、基地近くの外国人バーで働く女性たちや米兵の姿を赤裸々に撮影して、写真家としてデビューした石川真生さんは、以後、沖縄で生きる人たちに熱い眼差しを向け、数多くの写真を撮り続けてきました。
 その石川さんが現在取り組んでいるのが「大琉球写真絵巻」のシリーズです。薩摩藩の琉球侵攻から続く沖縄の苦難の歴史を学び、歴史上の場面を友人たちに再現してもらい創作写真として撮影するという手法で、沖縄戦や米軍の新基地建設問題にいたるまでの400年間の出来事を、怒りとユーモアを織り交ぜながら、全4巻、長さ120メートルに及ぶ壮大な絵巻に表現しています。
 昨年2月にはステージ4の新たながんが見つかりましたが、治療手術前に病を押して撮影し、最新作のPart4を完成。9月に那覇市民ギャラリーで完成披露の展覧会を行いました。本展は、石川さんを支える方々の協力により、沖縄以外では初めて、Part1からPart4まですべての「大琉球写真絵巻」を公開する貴重な機会となります(前後期展示替え制で2巻ずつ展示)。
 初日の2月10日には、石川さん本人が丸木美術館を訪れ、熱いトークを繰り広げてくださいます。ぜひこの機会に、沖縄の人たちの不屈の魂と抵抗の歴史を、全身で受け止めて下さい。

企画協力 天野太郎、三ツ山一志
前期展示[ Part 1&2 ] 2.10~2.21
後期展示[ Part 3&4 ] 2.22~3.4



会期中の関連企画

●石川真生オープニングトーク
 2月10日(土)午後2時 参加自由(入館料別途)

●ギャラリートーク
 2月24日(土)午後2時 参加自由(入館料別途)
 出演 天野太郎(横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員)

●石川真生作家トーク
 3月3日(土)・4日(日)午後2時 参加自由(入館料別途)※日程追加になりました

↓チラシはこちらからご覧ください